ラベルのレベルが違う。サンワコーケン > 製品情報 > 裏ナンバリング計数装置 > 裏ナンバリング計数装置 TOS-180IJPC コンセプト

裏ナンバリング計数装置 TOS-180IJPC コンセプト

CONCEPT

 「トレーサビリティー」が問われるような時代となり、弊社機械への数値表示に関するにユーザー要求度は日に日に重要度が増してきました。特に、医薬品業界において刻印される「数字・文字・連続ナンバー等」は、人体にかかわる警告から含有成分まで、多くは添付されている「ラベル」に集約されております。
 弊社において、トレーサビリティーに貢献できる最新の機械としては、「裏ナンバリング計数機 TOS-180IJPC」です。
 計数装置の中でも最上位機種にあたり、インクジェット方式によるナンバリング装置を装備しており、警告文字から製造年月日まで、ラベルへのあらゆる刻印が可能となります。
 なお、可変情報に代表されるような「連続ナンバー・バーコード・2次元コード」も、IJP出力の検査カメラも搭載されており、TOS搭載のタッチパネル上においてNG画像の自動検出&自動停止も可能となります。
 この機種は、キーエンス製のIJP(http://www.keyence.co.jp/marking/inkjet/mk_9000/index.jsp)を活用しており、黒だけでなく、黄色のカラー出力も設定可能、簡単なタッチパネル操作による入力、自動ノズル洗浄、文字方向(90度、180度、270度)設定など様々な機能が搭載されておりますので、すでに、IJPを使われている企業も、これから導入しようとしているユーザーも満足できる体勢でお届けすることができます。